少ない服の着まわしにはコツがあった!お洒落になりたい女性必見

 

そんなにたくさんの洋服を持たなくても「おしゃれに見える」着こなしが出来たらいいですよね。

 

いつも同じ格好に見える人と、おしゃれに見える人は何が違うのでしょうか?

 

手持ちの服が少なくても、お洒落に見せる着まわしのコツや、コーディネートのルールをまとめました。

 

少ない服で着回すには、まずは、自分のサイズに合った定番服を持つ

 

「個性に合った数枚の服と、季節に合わせた小物がいくつかあれば、おしゃれをするには十分です」と、とある人気スタイリストさんが語っていました。

 

雑誌やネットショップで、「今年のトレンド服はコレ!」なんて記事を目にすると、つい買ってしまったりしますね。毎年、あるいはシーズンごとに新しい服を買ってはいるけど、いざ出かける時には、「着る服がない」なんてことありませんか。そして、いつも同じコーデになってしまう・・

 

手持ちの服が多すぎると、かえって迷走しがちです。自分サイズの定番服を決めると、少ない服でもアイデア次第で、おしゃれなコーデが何パターンも楽しめます。

 

定番服の条件は、自分のカラダにサイズが合っていることです。

 

パンツを試着する時には、お尻を突き出すようにしてヒップのシルエットをチェックします。しゃがんでみたり、その場で脚を上げて足踏みをしてみます。つっぱり感やオーバーサイズの感覚を確かめます。

 

ブラウスなどのシャツ類も、試着してみて肩の窮屈感や胸回りのゆとり、着ごごちを確かめます。同じサイズでもメーカーや素材によって変化するので、面倒がらずに試着をし、サイズがピッタリのものを購入します。

 

そうでないと、数回着たあとはほとんど着ない、なんてことになりがちです。

 

アイテム選びは、好みと個性に合ったものが前提になります。カラーの基本は、白やグレーのベーシックカラーをベースにして、ボーダーやチェック柄、カーキやブルーなのどの基本色をプラスします。

 

小物は、礼服などにも合うきちんと系と、デイリーに使うカジュアル系の2系統を数少なく揃えておきます。

 

トレンドを知るには「トルソー」コーデを参考にする

 

「そももそも、最近は、どんなファッションアイテムが流行ってるの?」

 

そんな風に思った時に、参考になるのが、トルソーコーデです。

 

トルソーとは、ショップの店頭にある、そのお店一押しのコーデを着たマネキンのこと。

 

ブランドショップなら、ブランドショップおすすめのコーデを着てることが多いので、トルソーコーデを見て回るだけで、その時のトレンドコーデがわかります。

 

例えば、2018年のレディース夏服の各ブランドのトルソーコーデをチェックしてみると、大人っぽい花柄のデザインワンピースや、サマーパステルカラーの淡い色合いのアイテムをメインにしたコーディネートが目立ちます。

 

さらに、ナチュラル系のブランドでは、ベージュや薄いオレンジ、薄いブラウンといったサファリカラーをメインにしたコーデや、オールインワンやセットアップをメインにしたコーデも多いですね。

 

マリンファッションっぽいものも、今年は、サマーモノトーンと言うか、白黒ストライプ柄やチェック柄、花柄でも、白地に淡い墨絵で描いたようなプリント柄も登場しています。

 

今年の夏は、デザインに凝っていて、一枚でサマになるようなトップスも豊作なので「夏服になると、どうしてもシンプルになってしまって…」という人は、この夏トレンドのデザイントップスを探してみるのもおすすめです。