首まわりがさびしい時には、バンダナやパールのネックレス

 

お出かけ前に全身を鏡に映してみた時に、なんとなく首周りがさみしい時ってありますね。

 

顔が疲れた感じだからかなーと思い、明るめの口紅を塗ってみても、まだちょっと違う感じがしたり。

 

そんな時には、首周りに小物をプラスしましょう。

 

手軽なのが、この春注目のバンダナを巻くことです。シンプルなグレーのカットソーに、ネイビー基調のバンダナをプラスすると顔まわりがパッと明るくなります。グレーに赤もいいですね。
付け方は、バンダナを細く折って首元で二重に結ぶだけのシンプル仕様。手首に巻いてバングルにしてもアクセントになります。

 

バンダナの代わりに、コットンパールネックレスをつけてみるもいいですね。ナチュラルで控えめな輝きが、フォーマルにもカジュアルにも合わせやすいアクセサリーです。その名の通りに、コットンで作られているのでものすごく軽いのも特徴です。重さを感じさせないから、ネックレスが苦手な人でも大丈夫です。

 

コーディネートしてみて、全体をチェックする際に、なんとなく物足りなさを感じる時には、足元に注目してみます。デニムにレザーシューズなら、靴下を鮮やかな赤にするだけでメリハリのきいた着こなしに変身します。

 

タイツやストッキング派なら、きれいめカラーやビジュー付きを選ぶと、スタイリングが引き締まります。